特徴と問題点

| 未分類 |

–¼Ì–¢Ý’è-2現代社会において、環境に対する配慮は、各分野で非常に重視されており、低公害、省エネなどの機能をもった機器の導入、開発が早急な課題となっています。
自動車においてもその動きは顕著で、ガソリンや軽油に代わる燃料を使用した様々な自動車が開発されています。
天然ガス自動車もその中の一つで、国内においては、タクシーなどに使用されることが多く見られます。
天然ガスを燃料にした場合、排出する有害物質は、ディーゼルエンジンに比べ、大幅に削減することが可能で、環境対策に非常に効果が高いことが特徴です。また、二酸化炭素の排出量も同様に少なく、温暖化対策としても期待がよせられています。
しかし、天然ガスは、気体であることから、取り扱いが容易ではなく、その貯蔵や、運搬方法などが問題点となっています。
また、天然ガス自動車を導入する場合、そのコストも軽視できない問題となっています。
天然ガスを使用した車両は、ガソリンなどを燃料にするものに比べ、価格が非常に高価なものとなります。また、燃費という面でも、ディーゼル車と比べると非常に劣っています。
こうした問題点から、天然ガス自動車が積極的に導入されないということもあり、今後も課題の多い燃料とされています。