天然ガス自動車の仕組み

| 未分類 |

天然ガス自動車とは、圧縮された天然ガスを燃料とするエンジンを搭載した自動車のことです。ディーゼルエンジンの自動車より排気ガス中の有害物質が少ない、特に硫黄酸化物、黒煙においては全く無くなるので、環境に優しいエンジン燃料として広まりつつあります。発熱量あたりの二酸化炭素排出量が化石燃料の中で最も低く、温暖化対策としても重要視されています。車の構造は燃料系のガス容器から燃料配管を通って減圧弁を介してエンジンに供給されるシステムが異なるだけで、従来のガソリン車、ディーゼル車と同じです。走行性能も差異がなく、優れた静粛性を持ち合わせています。気体燃料であるため、冬場でもエンジンスタートがスムーズという利点もあります。
課題は、ガス燃料であるためにエネルギー密度が低く一度の走行距離が短いことがあげられます。車両価格の割高さ、供給ステーションの少なさも、普及を妨げている要因です。天然ガスステーションも他のスタンドよりコストがかかり、価格の低減化が求められています。シェールガスの開発が世界的に広まりつつありますが、今のところ天然ガスの供給に安定感があるとはいえません。将来安定供給が見込めれば、普及に弾みがつくかもしれません。

テクスチャー19