クリーンディーゼル車の問題点

| 未分類 |

クリーンディーゼル車は、数年前までのディーゼル車のPMやNox等の規制を強化するために製造された車で、通常のガソリン車に比べクリーンディーゼルは燃費がいいのが、やはりメリットの一つとして挙げられます。

 

また、CO2の排出量も少ない事から、環境面への考慮もしているのが、見受けられます。

 

ただ、一方で、問題点の一つとして騒音や振動や重さが挙げられます。通常ガソリン車のセダン使用等を乗っていた方なら特に感じるかもしれませんが、日々日常で、乗る分には、少し抵抗があるかもしれません。他には、黒煙フィルター等の最新技術を搭載しているため、同じモデルのガソリン車に比べると価格帯がどうしても、概ね20~40万円程、高い点も問題点になります。現在は燃料の高騰等で、維持費が数年前に比べ、格段に上がっていたり、2014年4月から消費税が8%に増税することから、その時期以降の購入は、痛手になると思われます。とは言っても、政府からの補助金制度といったものもあるのでよし悪しです。オイル交換はオイルの量が多いことと専用オイルなので高いです。以上の事から金額的なことはあるとは思いますが、走行距離が多く遠出されることが多いならディーゼルをオススメします。テクスチャー16