クリーンディーゼル車のメリット

| 未分類 |

テクスチャー15クリーンディーゼル車とは粒子状物質(PM)や窒素酸化物(NOX )などの排出量が少なく、「コモンレールシステム」と呼ばれる新たな燃料噴射システムにより、従来のディーゼル車の特徴である黒煙や騒音といった欠点が改善されたものです。

この車のメリットとしてまず挙げられるのがとにかく環境にやさしいということです。
これは燃焼効率が良いことからCO2の排出量もガソリンエンジンに比べて大幅に減らせるようになることから注目されており、ヨーロッパでは売れている新車の半分はこのエンジンを搭載しているとされています。

また新たな燃料噴射システムにより燃料制御が綿密に行われるようになったことなどから、従来のモノに比べて静かに走行できるようになり、アイドリング時の振動もほぼ感じることがありません。

さらにこの車ではガソリンではなくそれよりも安価な軽油を燃料として使い、さらに燃費も良いということから燃料費が安くなるというメリットもあります。

さらに購入することで重量税や自動車取得税の免税を受けられたり、補助金などの優遇を受けることができます。

このように環境に優しいことや経済的で性能にも優れているということから、近年では日本においてもこのエンジンを搭載した車の販売台数も増えており、次世代自動車の一つとして注目されています。