コモンレールディーゼルとは

| 未分類 |

テクスチャー17自動車というのは、さまざまなタイプがあるものですが、現代では環境に優しいものが望まれるようになっています。自動車メーカーでは、長年にわたる研究・工夫を重ねた結果、環境保護を意識した自動車を多数作り出してきました。昔の自動車のように、モクモクと黒煙を出しているようなものでは、現代の消費者には見向きもされません。できるだけ排気ガス・二酸化炭素の排出を減らし、環境を保護していかなければならない時代なのです。

現代の自動車では、コモンレールディーゼルというものが注目されています。従来、ディーゼル車に対しては良くないイメージが持たれていたものですが、研究が進むにつれて、有効に活用できることが分かってきたのです。コモンレールというシステムは、圧力を高めた燃料を蓄圧室の内部に蓄積していき、ECUで制御することによって、ベストなタイミングでインジェクターから適切に噴射するというシステムのことです。燃料の噴射圧力は非常に高いため、燃料が微粒になります。粒子状の物質が発生することを最小限に抑えることができる、画期的なシステムなのです。

これからの時代は、コモンレールのようなシステムを充実させていくことが大切です。