普及状況について

| 未分類 |

昔と現代とでは、流通している自動車の特徴が大きく異なっています。従来の自動車は、排気ガスを大量に出すものばかりで、環境汚染の問題が深刻化していました。しかし、次第に環境保護が叫ばれるようになったことで、自動車についても変わらざるを得ない状況になったのです。現代では、環境に優しい自動車が造られるようになっています。

たとえば、クリーンディーゼルという自動車が増えてきました。クリーンディーゼル車は、二酸化炭素の排出量が非常に少ない自動車で、地球に優しいエンジンとして注目を集めています。また、燃料には価格の安い軽油が使用されている点も、所有者の負担を軽減させてくれるメリットがあります。今まで流通していた自動車と異なるタイプですが、クリーンディーゼル車も、排ガス規制を十分にクリアしているものなので、安心して乗用することができます。排出ガスは、ガソリンエンジンとクリーンディーゼルとで、大きな差はありません。

ただ、現時点ではガソリンエンジンの自動車ほどは世の中に普及しているわけではありません。環境に優しいエンジンとして、未来の自動車社会に役立たせていくようにする必要があります。クリーンディーゼルを活用する社会が求められています。テクスチャー18