購入するには

| 未分類 |

ピカピカ02天然ガス自動車は、排気ガス中の有害物質が大幅に少ないことからクリーンなエネルギーとして注目されてきており、その技術革新や普及に期待が集まっています。

 

この天然ガス自動車は圧縮の天然ガスを使用しており、これは気体であるために貯蔵性・運搬性に劣っているのが弱点となっております。

 

また、この自動車のエンジン部分に関しましては、ディーゼルエンジンベースとガソリンエンジンベースのものと2種類あります。環境対策から見てみますと、天然ガスは発熱量あたりの二酸化炭素排出量の低さが化石燃料の中でもトップクラスとなっており、このことは温暖化対策という観点からも重要視されているわけであります。しかしその一方では天然ガス車両は初期コストが非常に高額であり、通常ベース車両の1.5倍から2倍近くの車両本体価格となってしまうので、この点において注意が必要となってきます。そして、燃料自体の将来を考えてみますと、石油の採取可能と考えられている年数は約43年と考えられているのに対して、天然ガスは60年以上と考えられており、新しいガス田も次々に発見されていることもあり、埋蔵量に関しましては現在3倍程度と考えられております。このことも私たちは認識しておく必要があります。これらのメリット、デメリットを購入の際にはしっかりと判断材料にしていきましょう。