テクスチャー13環境に配慮した自動車は大変人気となっており、燃費の向上も見られるため経済的にも利便性の高いものがより人気となっています。
このような環境に優しい低公害車は今後さらに多くなっていくことが予想されますが、近年大注目となっているのはやはりEV車ではないかお思います。
電気のみで走るEV車は、環境に配慮したとても良い車種と思われます。
燃料を使わないため、排ガスはありません。
そのため空気を汚すことが全くと言っていいほどないのです。
ですがデメリットも多く残されています。

 

走行距離が限られているため長距離の運転には向かないことや、充電スポットが充分に整備されていないことがあげられます。
このような改善点を考慮して各メーカーが協力して取り組んでいくことが、今後の発展に必要不可欠となることは間違いありません。
長距離の走行が可能となるように技術の向上を計ることはもちろん、全国各地に充電スポットを整備して安心して利用できるようにしなければなりません。
さらに充電方法も各メーカーで共通のものを使用していかなければ、各メーカー毎の対応スポットが必要となってしまいます。
メーカー間での調整も必要なため時間はかかりますが、今後に期待が集まっている車種となっています。